Trinity Venus公式HP

menu

Trinity Venus公式HP

エネルギー残る歴史勉強会!

こんばんは、宮川です。

 

僕は現在、大阪枚方市の楠葉にて

ゆにわというコミュニティと

新田さんというビジネスマンの方の元で

歴史や宗教、コミュニティ作り、

ビジネスなどを勉強させてもらってます。

 

本日は歴史の勉強会の

2日目でした。

 

歴史と言っても、層は様々で

教科書に載っているような

表向きの歴史もあれば

陰謀論的な歴史もあります。

 

そして、さらにその裏の歴史もあったりします。

 

なので、この記事で書けるような内容ではないし、

情報の整理も出来ていない僕が発信すべきことでは

ありませんので、内容についてはここで触れません。

 

しかし、歴史を勉強してみて

思ったことがあります。

 

それは、いかに日本人が歴史を勉強して来ず

日本人の精神性や考え方を取り入れる努力を

怠ってきたかということです。

 

特に鎌倉時代では

武士道の精神が磨かれていました。

 

「〇〇道」というのは

未知なる世界に新たな道を作るようなもので

”本当の〇〇とはなんぞや”みたいな

言わば、本質を追求したものです。

 

そして、これは未開拓の地なので

誰にも語ることはできないし

道に型も枠もありませんので

正解も何もないということです。

 

しかし、自分が「これだ!」と信じた道を

突き進むことが”〇〇道”というものであり

 

その道が本物であるならば

周りの人は勝手に応援してくれるし

ついてきてくれる、、、という考え方です。

 

僕は美容に興味がありますので

”ビューティ道”ならぬ、「美道」というものを

追求していきたいと思っています。

 

なので、これからは

”美道・宮川”ですね。笑

 

美の道というのは

それこそ答えが全くないものです。

 

見た目の美しさ

心(空間)の美しさ

魂の美しさ

 

これらはどの側面で見るかによって

答えが変わってきます。

 

世間では、見た目の美しさに

フォーカスをされがちです。

 

肌が綺麗とか

目が大きいとか

スタイルがいいとか

筋肉がなんちゃらとか

 

おっぱいが大きいとか

(これは僕にとって大切ですが)

 

見た目は大切ですが

見た目重視すぎるかなぁと思っています。

 

アンバランスなんですよね。

 

 

世の中はバランスで出来てると思います。

例えば、人口と自然のバランスが崩れたら

地球規模でなんかしらのダメージを受けると思いますし

ビルのバランスが崩れたらビルは倒壊します。

 

 

食べないのは良くないけど

食べ過ぎもダメですし

寝ないのは良くないけど

寝すぎも良くないです。

 

全てはバランスなのです。

 

これを孔子を始祖とする儒教では

”中庸”と呼ぶんですね。

 

中庸が取れた物の見方ができれば

”これもいいけど、これもいいよね”

という考え方になります。

 

というか、どっちかに正解はあるという

物の見方にならないんですね。

 

例えば、さっきの話で

「人口と自然のバランス」という

地球目線の話をしましたが

 

人口が増えすぎると自然がなくなり

結局、人類はどんどん滅亡の方に

進んでいきますが

 

では、そうならないために、、、

 

予め人類を半分殺すか、

それか、子供が産めないような体に

してしまうかなどを考えるのも

またちょっと違う話になります。

(これはトムハンクスのインフェルノを参考にしてます)

 

 

人類を滅亡させないために

今から人類の半分を殺戮することは

本当の愛なんだ!と語る人がいますが

それもそれで偏った物の見方で、、、

 

でも、今のまま放置しておくと

人類は滅亡するし、、、

 

なので、どっちに良いも悪いもないんですね。

 

自分がどの視点(抽象度)で見るかによって

答えは変わってくるわけです。

 

 

そしてそれは歴史も同じで

いろんな層から勉強することができますが

どれが真実かなんて誰もわかりません

 

知るのは当事者のみです。

 

だからどの歴史が合っているとか

間違っているとかは正直どうでも良くて

その歴史のストーリーに込められた

エネルギーが大切なんだと思います。

 

そして、我々日本人は我が国の昔の生き方や価値観を

学ぶことがとても重要かなと思います。

 

 

特に古神道(かむながらの道)は

自然崇拝(アニミズム)に基づいており

全てを神と崇める”八百万の神”の考えがあります。

 

 

山にも、木にも

水にも人にも全て神様がいます。

 

だから、日本人の精神性や

霊性を取り戻し、本来の力を発揮するには

空間・物・人を大切に丁寧に扱い

またそれらから愛され、目で見えない力を

発揮すべきなんだと思います。

 

というか、これは

読んでいる皆様に伝えているというよりは

自分に言い聞かせるために書いている感じです

(すいません。笑)

 

なぜなら、僕は物を丁寧に

扱っていると思っていたのに

全然大切に扱っていなかったことに

気づいてしまったからです。汗

 

僕は物を大切に扱っているかは

「音」を基準にしています。

 

音がうるさければ心が荒れており

物を大切に扱っていない。。。

だから、音に注意するんです。

 

タイピングの音

ドアの音

携帯やコップを置く音

歩く音

 

全てに意識を置いていたつもりでした。。。。

そう「つもり」だったんです。

 

 

自分では出来ていると思っていても

僕より感覚が高い人たちをみていたら

 

”あっ、俺まだまだだ”と

気づいてしまうのです。

 

自分だけでやっていると

”やっているつもり”

”できているつもり”になってしまいます。

 

そして、”つもり”というのは

厄介者で、謙虚さをなくしてしまいます。

 

 

だから、先生や先輩に注意されても

”おれ、やってるし!”ってなっちゃうんですね。

 

なので、自分一人でやらずに

誰かに見てもらったほうがいいです、、、僕!w

 

はい、これからは誰かにしっかり見てもらって

注意をしてもらうようにします。笑

 

 

特に僕の場合は調子に乗りやすく、

軸がぶれやすいです。

 

なので、誰かに

”やっているつもり”を治してもらわないといけないですね。

 

 

特に音というのは日常ですから、

周りに人がいないことが多いです。

 

 

 

よって、誰かに注意してもらえることは

相当貴重な機会であり、そこでプライド張って

”俺、できてるし”なんて微塵も思っちゃいけないですね。。

あっちゃー。。。

 

 

 

昨日お越しになった先生は

武士道を学び、育った礼儀作法の先生だったので

何も注意されることなく、その前から

”俺、全然できてないわ!”とその先生を見て思わされました!

 

今のタイピングも、水を飲むときも

コップを置く時もひたすら丁寧に静かに行動します。

 

そして、”かむながらの道”(古神道)的な生き方を体現し、

日本的霊性を身につけていきます。

 

 

ちなみになぜ僕が

”かむながらの道”と読んでいるのかというと

 

「神道」というのは

音読みで、中国から来た漢字なんです。

 

 

すなわち、「神道」というのは

中国語なんですね。

 

 

だから、日本人らしく

”かむながらの道”と読んでいこうと思ったのです。今日!

今日学んだのでね。笑

 

 

そして、目で見えないものを

感じたり、進行したり、それに応援されたりする生き方って

すごく美しいと思うんです。

 

 

自分だけでない、自力だけでない生き方。

そして、人だけでなく、あらゆるものから応援される生き方

 

 

これぞ”美道”なのではないかと

思ったりしているのです。

 

そのためにも、まずは自分が変わらないといけません。

そして、自分のエネルギーを上げていかないといけません。

 

それには、何を食べるか

誰と付き合うか、如何に勉強するか

そして、如何に実行するかだと思います。

 

トリ美創設者として

目で見えないものに応援される

美しい行き方を体現していきます。

 

 

そして、「今日を全力に!」を

僕の人生のテーマにします。

 

なので、明日も全力でブログ書きます

ありがとうございました!

 

 

頭が回らなくなってきたので

ここら辺で寝ます!笑

 

 

”ありのままブログ”

宮川 良介

 

皆様のコメントお待ちしてます^^

関連記事

    • 盛田真未(マザー)
    • 2019年 2月 24日

    本当にリオさんはいい学びをされてますね。

    わたしもリオさんのブログやトリ美のブログを、自分と照らし合わせて読んでいこうと思います。

    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728