セゴビアで感じたこと

こんにちは、宮川です。

 

本日はスペイン最終日です。

これから世界遺産のトレドに行きます。

 

昨日は世界遺産セゴビアにいきました。

 

6年前、僕が初めて行った

ヨーロッパの世界遺産です。

 

ヨーロッパの古き町並みに

ひたすら感動したのを覚えています。

 

そして、記憶に強く残っていたので

どこで写真を撮ったのかとかも覚えていました。

 

だから今回は

6年前との比較写真をたくさん撮りました。

 

こちらです

 

 

 

 

 

=======

 

比較すればするほど

”格好つけなくなったなぁ”

と感心しています。笑

 

 

23歳のころは

モテること、お金持ちになること、

格好良くなることなど

承認欲求しかなかったです。

 

 

名誉欲や支配欲に飢えてたんです。

 

だから、他の人と違うことばっかり

やっていましたし

そうすれば光が見えてくると

本気で信じていました。

 

 

しかし、それは嘘で、、、

 

 

もちろん、

他の人と違うことをすることは大切です。

 

 

でも、それ以上に

人間性が大切なんですよね。

 

 

人間性ありきで

その上で、他の人が持っていない特性を使って

人のために役立つことです。

 

 

その特性が結局は

自分の欲望のためでは意味がないんです。

 

 

特性やスキルは誰かのために使って

なんぼですし、

そうでなければ、見向きもされません。

 

嫌味や自慢になります。

 

 

僕は20代前半まで

スキルや特性があって

お金を稼いで

 

お金持ちになれば

本気で幸せになれると思っていました。

 

 

お金で、支配をして

好きなものを手に入れ

自由な暮らし。。。

 

でも、この先には

刺激と満足感と虚無感しかないです。

 

 

一体となる幸福感なんて

やってくるわけないです。

 

 

ちなみに僕は

ひとり旅が昔は好きでした。

 

一人で行動するって

なんかカッコいいじゃないですか!

 

でも、ずっと一人って、、、

ただの寂しい人なんですよね。

 

 

もちろん、

”寂しいから一緒にいて”っていうのは

ただの寂しがりやであり、子供です。

 

 

そうではなく

「精神性を共に高め合える仲間」

と一緒にいることが

本当の幸せであり、そういう仲間と

時間や空間を共にすることが大切なんです。

 

 

それに比べて、ひとりで行動することは

ただの無責任や自由を求める寂しいやつや

成長の向上心もないやつです。

 

昔の僕がそうでした。

しかし、今は違います。

 

 

トリ美メンバーを代表に

共に高め合える仲間たちと

一緒にいる時間がめちゃ幸せなんです。

 

 

苦楽を共にわかちあい

共に成長していく。

これが本当の幸せなんです。

 

好きな時に、

好きな場所で

好きな人と。。。

 

そこに成長がなければ

ただの不幸です。

 

 

本当の幸せとは、、、

美しさを求め

共に成長していくことです。

 

 

辛いことがなく

FFの攻略本みたいに

簡単に物事進んだら

絶対に人生はつまらないです。

 

 

だから、自由とか

好きなことだけでとか

何もしなくても、、、

 

とかは確実に不幸になりますよ。

過去の僕みたいに、、、

 

 

昔から使命や貢献という言葉が

重要視されています。

 

それはなぜか?

 

結局、自由の先に幸せはなく

誰かのために尽くすことに幸せがあると

先人たちが悟ったからです。

 

 

僕は20代で

世間一般の言う”自由”や

”好きな〇〇”というのは

嘘だし、勘違いだと気付きました。

 

 

本当の自由とは

”誰かのために自分の命を使っていい”

という自分に対する許可だと思っています。

 

 

最近僕の周りで

二極化が起きています。

 

 

お金を稼いでいたのに

どんどん必要とされてなくなってきて

オーラがなくなってきたひと

 

そして、お金を楽して稼ごうと

投資をして、失敗している。。。

 

 

もう片方は、

 

 

一体感の先に幸福があると信じ

誰かのためにひたすら貢献する

 

そして、見返りや承認欲求を求めずに

淡々と目の前にいる人を助ける人

 

 

どっちの方が

今、成功・幸福をつかんでいるか?

 

言うまでもなく、後者ですよね。

 

 

これからは精神性が求められます、

 

コミュニティのつながりが

お金とかルックスとか

見えるもの、有形なもので始まっては

確実に崩壊します。

 

 

現に多くのコミュニティは崩壊しているし

また新たなに作ろうと思っても

苦戦しています。

 

 

特にネットワーク系のリーダーは

組織移動すればいいという考えがありますが

それも難しくなってきています。

 

なぜなら

”どうせ、またこのビジネス、ダメになるんでしょ?”

って思われているからです。

 

 

情報がいろんなところから入ってくるから

もう騙せないんですよね。

 

 

もしかしたら次は本当にいいビジネスかもしれないけど

それに出会う時にはすでに信用貯金を

失っていて、何を言っても、伝わらないかもしれません

 

 

だから、信用を失うようなことはせずに

地道に良いものを伝えていって

理念でコミュニティを形成していくことが大切です。

 

 

次の時代は

コミュニティではなく「トライブ」

そう、”部族”(Tribe)です。

 

コミュニティはうわべ・有形・お金とかで

繋がっていたりしますが

トライブは精神性や理念で繋がっています。

 

 

どちらが強固か?

言うまでもなく、トライブですよね。

 

これを読んでいる方には

トライブを目指して欲しいです

 

では、本日はここらへんで

 

セゴビアでいろいろ感じた宮川でした。

ありがとうございました!